時間を共有する

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

佐藤学長のおかげさまで幸せな今があります。

時間を弘と共有する

弘の時間軸と利香の時間軸は違うが

お互いの時間をやりくりして共有する

相手に少しずつ歩み寄る

 

佐藤学長は、問題は鍋の取っ手だといわれる。

取っ手がなかったら、中に腐ったものがあったとしても、

蓋を開けられない。

問題の根本に気づきにくくなってしまうのである。

だから、問題という取っ手のおかげで、ふたを開けやすくしてくれ、

根本解決にいたるのである。

問題にならなかったら、そのまま放置されて、

もっととんでもないことになりかねないのである。

神のメッセージ2より

 

タイトルとURLをコピーしました