2240.本当の自分は満月7

写真は天丼です。安定の味で美味しかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【本当の自分は満月7】

 

ここでやってるのはね、お月さんの例でいつも言ってるけど、お月さんが真ん丸でしょう?

 

でも、三日月しかみえない。

 

三日月の残っているのは、少し健康な部分だけ。

 

この欠けた暗い部分は病気の部分。

 

病気が消えるというのは、満月が本当に見えるようになったら病気は消えて、

 

満月が見えたら、三日月の欠けている部分が消えるわけです。

 

満月しか見えてない。

 

満月だから、それは自己暗示でも何でもない。

 

最初からずうっと真実を見るだけだから。

 

人間の真実を見るだけだから。

 

あくまでも真実だけを見れるようになる。

 

真実を見た時にある「健康である」ということなの。

 

するとどうしていいかが自然と見えてくるんです。

 

何をどうしていいか見えてくる。

 

自分の考えが邪魔になるんです、そこで。

 

みんなそれぞれが、お月様はこんな格好だって、

 

いろいろな形を想像したら、それが邪魔なわけです。

 

満月というのは、誰がどう見ても変わらないわけです。

 

この生命(いのち)、生命も変わらないのがあるわけ。

 

全部それに合わせれば全てうまくいく。

 

全部に実は答をもらっいてるはずなんです、私たちの生命(いのち)には。

 

それを発見するんです。

 

だから、「発見」という言葉が一番ぴったりなんです。