2230.聴くこと2

 

写真は広島風お好み焼きです。久しぶりに食べましたがめちゃくちゃ美味しかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【聴くこと2】

 

ある話では、この夫婦のようなことは男性と女性の脳の違いから起きるといわれています。

 

原始時代、女性はある一箇所(家など)にいて、そこで妊娠して子供を産んで子供を育ててその範囲内で過ごしていました。

 

男性は槍を持って家を出て(家族のぶんも含め)獲物を獲ることばかりを考え、たとえ家に戻ってきてもずっと外を見て獲物がいないかと目で追い、探し続けていました。

 

女性は足元(目の前)の子供の成長や変化を喜んだりしていましたが、それを男に伝えても男はずっと向こう(外)を見て獲物を追いかけていると……。

 

この状態が長く長く、何代も続いていたわけです。

 

そういう行動の過去からの積み重ねが、男の脳、女の脳に影響を与え、男性と女性の行動の違い、意識のズレや物の見方や接し方、考え方、態度の違いにも表れるようになったというのです。

 

ちなみに男脳は物事を解決する脳、女脳は共感する脳といわれているそうです。

 

男脳、女脳の話も踏まえると、やはり男性は一度エンジンを切って女性の話しを聞いてあげるようにするほうがいいと思います。

 

相手が何か答えや返事を言わなくてもちゃんと聞いてあげるだけでもいいのです。

 

つまり、相手の話しを聞くことに専念するのです。