2225.人生の優先順位を明確にする

写真はあんかけ焼きそばです。餡もそばも美味しかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【人生の優先順位を明確にする

 

 自分にとっての人生の優先順位を明確にすれば、ニセモノの自分は捨てることができます。

 

なぜなら、ニセモノの自分は、世間のさまざまなしがらみの中で生きてきて、優先順位がわからなくなった結果として生じたものだからです。

 

人は、人生の紆余曲折の中で本来は価値のないものに価値をおき、最も大切なものをないがしろにするようになります。

 

これがニセモノの自分なのです。

 

街の中で行列ができていると、何の行列かもわからないのに勝手に思い込んで、列について延々と待つ。

 

そして、結局自分にとって要らないものだとわかり、時間を無駄にすごすごと帰ったことはないでしょうか。

 

行列であれば、時間の無駄も知れています。

 

しかし、もしこれを人生という単位でやっていたらどうでしょう。

 

長い間求めてきたものが、じつは自分には用のないものだとわかるのが死ぬ間際だったら、悲劇です。

 

物事には優先順位があります。

 

何が大切で、何が大切でないか。

 

みんな大切なことであっても、そこには自ずと軽重があります。

 

うまく生きていくためには優先順位が大切ですが、本当の意味で正しい優先順位を意識している人は意外に少ないのです。

 

優先順位の発想は、問題の重要度に合わせて、「何を先にすべきか」を考えていくやり方です。

 

家庭を優先順位のトップに持ってくる人は、配偶者や家族を第一に考えた生き方をするでしょう。

 

仕事をトップに持ってくる人は、家庭を犠牲にして仕事にのめり込みます。

 

遊ぶことがトップの人は、周囲の批判があっても、自分の考えを貫くでしょう。

 

さて、あなたが考える優先順位の一番は、本当に一番大切なものでしょうか。

 

あなたが、今突然倒れたとしたら、どうなるでしょうか。