2222.驚異の実録4

写真は麻婆茄子です。くせになる味です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【驚異の実録 4】

 

「自分の心の中には神が宿っているんです。

 

神が今も修繕してくれているんです。

 

身体の中で自動的に修繕してくれているんです。

 

多少のケガでも、自然治癒力というのがあって、ちゃんと治してくれますよね。

 

神の働きというのは、元に戻ろうという働きなんです。

 

モノを上に上げたら、下に落ちる働き。

 

川は流れて海に自然と戻る働き。

 

神の働きというのは、元に戻ろうという働きなのです。

 

私たちの身体の中には、世界最高の名医がいるのです。

 

その世界最高の名医を心から百パーセント信頼しきるのです。

 

あなたは何もしなくていいのです。

 

ただ百パーセント信頼しきればいいのです」

 

その後聞いたところによると、Aさんの目は、日を追うごとに回復してきているということです。

 

この出来事によって、遺伝子をONにすることの働きの偉大さを、改めて確信させられたのでした。

 

私には、Aさんがなぜ目が見えなくなったのかもわかります。

 

Aさんは、多くの方から尊敬され、慕われている通り、心が優しくきれいな方です。

 

そして人生の道を深く追求されている方です。

 

それ故に、人のいやな面を見たくない、そういう思いを人とのつきあいの中でいつも抱いていたのです。

 

あの人のああいう行為は見たくない。

 

汚いところは見たくない。

 

その思いが目を見えなくさせていたのです。

 

医者に診てもらっても、原因不明といわれる。

 

原因不明ではないのです。

 

自分の強い思いが叶っただけなのです。

 

汚い所を見たくないという思いの代わりに、人々の素晴らしいところを見たいとという強い思いがあれば、必ず見えるようになるはずなのです。

 

Aさんは、「願望は叶う」という「心の法則」に従っただけだったのです。

 

それに対して、私が訴えたのは「神の法則」です。

 

神は目は見えるように作っている。

 

だから神の法則を使えば、元通りに見えるはずなのです。

 

そしてその神の法則は、Aさんのように、「見えないことを感謝している」という自分の観念を手放したときに働くのです。