2167.運転免許証はお持ちですか?

 

鬼おろし肉ぶっかけうどんです。大根おろしとうどんがマッチして美味かったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【運命免許証はお持ちですか?

 

心はどこに暴走するか分からない、実に厄介なものです。

 

あまりに自由なため、心をコントロールできず、悩み苦しむことにもなるわけです。

 

ですから私たちは、心のハンドルをしっかり握り、常にきちんと運転しなければなりません。

 

常に良い考え・明るい思いを繰り返し習慣にしていきましょう。

 

そして、自分自身を良い方向へと導いていくのです。

 

車の運転にたとえると、まず、その車の用途や性能を知ることが必要です。

 

そのためには、その車を作った人の心、つまり、どのような気持ちで、どんな使い方を想定して作ったかを知ることです。

 

また、車には説明書があるので、それを読むことも必要です。

 

それを知ってこそ、上手く運転ができ、長持ちさせることができるのです。

 

車でさえ、これだけの過程が必要なのです。

 

ですから、車より遥かに複雑な人間をどう運転すればいいのか分からないのは当然のことでしょう。

 

これほど病院が多いのも、身体のリズムを崩しているからです。

 

そうならないために、車の運転を知るように、心のあり方をきちんと知ることが必要なのです。

 

何もかも、心のおもむくままにしていては、かえって不自由であり不幸を招くことになります。

 

車を運転する時、信号が赤なら止まるとか、時速が何キロだとか、周囲を気にしますね。

 

信号を無視して運転すると、周りの人たちに迷惑をかけることになります。

 

それどころか、大事故を引き起こすことだってあるわけです。

 

心の運転も同じです。

 

人間関係では、相手を立てたり褒めたり、自分を引っ込めたりすることも必要なのです。

 

このようなルールを学ばなければ、心を運転することはできませんし、本当の自由を手に入れることもできないのです。

 

「運転免許証」があるのですから、このルールを学んだ者に「運命免許証」を発行してもいいぐらいです。

 

常に良い考え・明るい思いを繰り返して習慣にしようということです。