2140.満月理論110

 

写真はカレーライスです。中辛で美味かったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【性格天命

 

人には遺伝的な性格がもともとあります。

 

その性格がその人の使命だと思えばいいのです。

 

性格は使命・天命だと思えばいいのです。

 

その性格=使命・天命が環境にパチッとマッチしたときに、人はほとんど悩まなくなります。

 

苦しまなくなります。

 

私は、「性格天命」という言葉を創りました。

 

自分の性格、天命をきちんと知ったら、悩みやコンプレックスは出てこなくなります。

 

みなさん、自分の性格や天命が自分でわからないから、いろいろなことにモヤモヤしてしまうのです。

 

悩みやコンプレックスを相手にしてはダメなのです。

 

自分の進むべき道がわかったら、悩みは出てこなくなります。

 

自分は頭が固い、そんな性格を直したいという方がいたとします。

 

しかし、頭が固いというのは、物事をきちんととらえて熟慮しているともとらえられます。

 

みなさん少なからず、いわゆる短所というものは持っています。

 

ですからそれを、まさに生かすんです。

 

性格が天命なのですから。

 

自分のその性格がもっとも生きる生かした方をするのです。

 

そうなれば欠点でもなんでもなくなります。

 

それが欠点だと言ったら人はみなそれぞれ欠点だらけです。

 

ですから欠点でもなんでもないのです

 

私が昔、宝石の訪問販売業をしていたとき、革製品をものすごく売るトップセールスマンの先輩がいました。

 

私は彼の営業方法を見たくて同行させてもらうことにしました。

 

彼は、とてもカッコよく振る舞い、話術も巧みで、あっという間に訪問先の玄関に商品を広げて飛ぶように売っていったのです。

 

これはすごいと思い、私も自分の営業のときにさっそく真似したところ、その日は飛ぶように商品が売れたのです。

 

そして、数カ月後そのお宅に「商品届きましたか?」と訪問しました。

 

すると、奥さんはいきなりドアをバタンと閉めてしまてしまったのです。

 

私はショックを受けました。

 

自分のやり方と違う売り方をしたばかりに、お客さんから拒絶されたのだと思いました。

 

私の営業スタイルは、お客さんの話、ニーズを聞いて商品を売るというものです。

 

売れるまでとても時間がかかり、どうしようかと私は悩んでいたのです。

 

しかし、私はその自分のスタイルをやっていこうと、その時に決意しました。

 

すると、その後から営業をすると時間はかかるけれどもお客さんから信頼されるようになったことに気づきました。

 

そして一度信頼されるとお客さんがお客さんを呼び、商品がもっと売れていったのです。

 

私が何もしなくてもお客さんが増えていきました。

 

それからは売り上げが急伸していったのです。

 

ですから、自分というものを知って自分というものを最大限に生かせばいいのです。

 

人と比べた瞬間にコンプレックスになってしまいます。

 

自分は自分の最高の花を咲かせるだけでいいんです。

 

あなたは世界にたった一人しかいません。

 

誰とも比較できないのです。

 

あなたはもうそのままで素晴らしいのです。

 

そのままで素晴らしいことを自覚する。

 

そこから変化が生まれるでしょう。