2113.満月理論83

 

写真はクリームシチューです。クリームの甘さがクセになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【これでよかった!】===========

 

 言葉には力があります。

 

それは、人に語る言葉でも、自分に語る言葉でも同じです。

 

人に語れば、人を動かし、自分に語れば、自分を動かします。

 

そして、人生そのものに語りかければ人生全体を動かすのです。

 

あなたの人生がすばらしくなるように、ぜひあなたの人生そのものに語りかけてください。

 

人生の中では、様々な出来事、状況に常に直面しています。

 

そのたびごとに「なんで、こうなっちゃったんだろう…」といった「過去」に起きたことに対する後悔ばかりの言葉。

 

「辛いなぁ、苦しいなぁ…」といった「現在」の状況に対する愚痴や、不満の言葉。

 

そして、「こんなんじゃ、きっと悪くなっちゃうなぁ…」などの「未来」に起きるであろうことへの不安や心配の言葉。

 

こんな受け止め方を、そのまま言葉に表していったら、あなたの人生はますますあなたを「悩ます」方向へ動かしかねません。

 

そこで、この「言葉のマジック」を使ってください。

 

この「言葉のマジック」を使って生きる人生と、使わずに生きる人生では、まったく雲泥の差が出るほどの効果があります。

 

声に出しても心の中でもかまいません。次のように言ってみてください。

 

「過去」起きたことには

「これでよかった!」

 

「現在」の状況には

「ありがたい!」

 

「未来」に対しては

「だからよくなる!」

 

ことあるごとに、まずこの言葉を言ってください。

 

すると、目の前の出来事の意味、真実がより深くわかります。

 

例えば、何かあって「失敗したなぁ」と感じたら、すかさず「これでよかったんだ!」と言ってみるのです。

 

すると、「そうだよな。このことによって自分の人生の幅も広がったし、成長のチャンスが与えられたんだよな」「こうならなかったら、一生気づかなかったかもしれないな」と、出来事の奥にある真実が見えます。

 

今あなたは、家庭や職場の状況に対して「愚痴」や「不満」ばかりを言っていないでしょうか?

 

「なんで、こうなんだ」「こうなればいいのに…」 でも、そうやって、「愚痴」や「不満」が出てきそうになったら、すかさず「ありがたいなぁ」と言ってみましょう。

 

すると、「そうだよな。このことが自分を鍛えてくれるし、張り合いがあるじゃないか」「ああ、この状況を解決するために自分がいるんだ。役割なんだ。使命なんだ」といった、事実が見えてきます。

 

そして、現状から想像して、まだおきもしない「未来への不安」が湧き上がってきたら、「だからよくなるんだ」と言ってみましょう。

 

「これが、あったから、今後も気をつけられる」「この経験があるから、こういう分野で人を導けるんだ」「この状況あったから、この勉強をするんだ」。

 

そうなのです、今あなたの目の前におきていることは、あなたが人生から享受できる莫大な財産の「原因」なのです。

 

これらはプラス思考ではありません。

 

「事実・真実を見る」ということです。

 

あなたの人生に起きるすべてのことの「事実」「真実」とは何でしょうか。

 

結論から言うと、それはすべて、素晴らしい人生を送るために与えられた、「ありがたいこと」なのです。

 

でもあなたは、そう言われて無理やり、そう思おうとする必要はありません。

 

「そうなのかなぁ」くらいでもいいでしょう。

 

しかし、この「言葉のマジック」を使って、その「事実」をあなた自身で発見していただきたいのです。

 

その「事実」を発見できたとき、あなたの「悩み」は一瞬で消え去っていることでしょう。

 

(『悩み解決「明快」答』ハギジン出版)