2093.満月理論63

 

写真は骨つきチキンとざるそばです。ざるそばの写真を撮り忘れました。いずれも美味しかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐藤康行(YS)メソッドをお伝えします。

【言葉を変える】===================

あなたは、「言葉」をどのように使っていますか。

 

悩みを解決する上で「心」を変えることとともに重要なのが、「言葉」を変えることです。

 

「言葉」は「心」から生まれます。

「言葉」は、「心」のほんの一部が表れたものです。

「言葉」として出る量は、「心」で思うこと全体のごくごく一部に過ぎません。

 

それゆえに、「心」が「言葉」となるとき、それは大きな力を持ちます。

 

力が大きいぶん、「言葉」が結果に与える影響は大きいものです。

 

だから、「言葉」の使い方には、気をつけなければなりません。

 

もし、あなたが「言葉」をうまく変えていけば、悩みを解決するスピードはさらにさらに増してゆくでしょう。

 

そこでお伝えするのが「言葉のマジック」です。

 

「言葉のマジック」は、あなたが使う言葉をきっかけに、悩みを解決するカンタン便利な方法です。

 

「言葉」は「心」から湧き出てきます。

 

あなたの「心」、つまりあなたの本音が「言葉」になるのです。

 

だから、ベストなのは、常にあなたの本音が良い状態にあることです。

 

何をみても誰と出会っても「ありがたい」としか思えない心になれば、当然「ありがたい」という言葉しか出てこなくなります。

 

本音そのものが、ありがたいと思っている状態が理想的です。

 

でも、いきなり本音を変えろと言われても、なかなかできるものではありません。

 

どうしても喜べない。

 

不平不満の言葉しか湧き出てこない。

 

そういう場合、本音そのものをどう変えるか。

 

そんなときに効果があるのが「言葉のマジック」です。

 

「言葉のマジック」は言葉を口にするのなかで、他人との人間関係を良好にし、自分の心さえも変えてしまう技術です。

 

「言葉のマジック」は、とても簡単で、「いつでもどこでも誰にでも」使えます。

 

言葉は、大きく分けて三つに分類できます。

 

①自分に語る言葉

②相手に語る言葉

③人生に語る言葉

 

以上の三つです。

 

この三種類の言葉に対応する三種類の「言葉のマジック」を紹介します。