84.どん底からの出発〜大人合コン編〜(その5)

昨日は大人合コンの女性が集まらなくて
困っているときに
佐藤康行さんから電話がかかってきた
ところまでお話しました。
佐藤「近藤さん。佐藤です。
西条の講演会にずいぶんたくさんの人を
集めてくれたみたいだね。
ありがとう!」
私「学長!西条の講演会はIさんと
共に活動して会場いっぱいになるくらいの
人に講演会に来ていただけそうです。
愛媛を光に変えるためIさんと
共にやってきたかいがありました。
こちらこそありがとうございました。
学長。
実は・・・・・ひとつ困っていることが
ありまして。」
佐藤「どうしたの?」
私は佐藤学長の声を聞いて
緊張の糸から解き放たれて
今にも崩れ落ちそうな気持ちと
大人合コンの女性の集客に
行き詰まっている状況をお話しました。
私「西条講演会の次の日が
大人合コンなんですが
申し込みは男性ばかりが増える状況の中で
女性が全く集まらないんです。
このままでは男性と女性の人数が
偏っていて会が成り立たないのですが。
私一体どうしたら
良いのでしょうか???」
佐藤学長は今現在の男女の申し込み人数と
現状を確認して
佐藤「まだ大丈夫だから。
西条講演会の日にも
独身の女性がたくさん来るだろうから
声をかけてみたらよいよ。
間に合うよ。
私も協力するから。
任せといて。」
佐藤学長に聞いてもらい
私はホッと一安心しました。
どうしてよいかわからない状況の中で
全然身動きができなく
なっていたからです。
驚いたのは西条講演会のお礼で
佐藤学長は私に電話をかけて
きてくれたのに
私が大人合コンのことで
困っていると言った瞬間に
相手100%になり全部自分の問題に
してしまう学長の切替の早さに
びっくりしました。
佐藤「近藤さん。
営業に行く前に美点発見したら良いよ。
ノートに美点発見してから
行ったら良いよ。」
と言ったのでした。
私「美点発見ですか???」
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村