79.どん底からの出発〜職場編〜(その4)

昨日は新しい生産管理という
部署に異動になったところまで
お話しました。
生産管理という部署には部長一名、
課長一名、係長一名、一般社員が
私を入れて3名の合計6名で
構成されていました。
私以外は全員男性でした。
私は今まで経理では隣が総務で
女性が多い職場の雰囲気に
慣れきっていました。
最初はなかなか男性だけの雰囲気に
馴染めませんでした。
しかし生産管理の5名の男性陣は
良い人ばかりで私は人間関係で
悩むことはすっかり無くなりました。
業務の方では同じ会社なのに
こんなにもやることが違うのかと
びっくりするのと同時に
すっかり長年の経理での経験が
染み付いた私は生産管理の業務を
覚えるのに非常に苦労しました。
最初生産管理の人たちが何を話しているか
全くわかりませんでした。
電話での会話がまるで外国語のように
聞こえてくることもしばしばでした。
仕事はわからないなりに努力して
毎日充実した楽しい日々を過ごして
プライベートでは真我を発信するために
セミナーにも積極的に参加しました。
セミナーに参加するために大阪や東京に
行ったり、地元では松山で
毎月友の会を開催して
仕事もプライベートも順調な
毎日満たされた日々を過ごしていました。
そんなある日西条のIさんから連絡が
あり西条で佐藤康行講演会をすることに
したと連絡がありました。
「西条を真我の街にする!」と
佐藤学長に宣言したということでした。
Iさんの大きな決意が伝わってきて
私は「よし!今度は私がIさんを
助ける番だ!松山講演会の時にIさんが
やってくれたことに対する
恩返しができる!」
と燃え上がるような想いが
メラメラと湧いてきたのでした。
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村