74.どん底からの出発〜松山講演会編〜(その7)

昨日は松山講演会の途中で内観光受を
したら参加者のうち
3組の方が帰ってしまった
ところまでお話しました。
主催者の私はそんなことは
全く気がつかず内観光受に
浸りきっていました。
今思えばあの状況にあっても
帰らずに残った人が
実際に真我に出会ったり
松山友の会に参加したり
してくれるようになったのです。
ですから帰ってしまった人は
まだ時期ではなかった
またそういう時期が来ると
思います。
全てがこれで良かったんだと
思いました。
そしてその後は私が前夜祭で
リクエストした神成瞑想を
佐藤康行さんはやってくれました。
神成瞑想の図を書いてその説明をして
実際に7分間の瞑想を行いました。
神成瞑想は一瞬で真我に
フォーカスが当たるという
画期的な瞑想法でした。
その時私は初めてその神成瞑想を
やったのですが
光に包まれているような感覚になり
非常に幸せな気分になりました。
そして質疑応答も含めて
4時間の日程が
全て終了しました。
あっと言う間の4時間でした。
まるで夢の中で夢を見ているような
気分でした。
そして興奮も冷めやらない会場で
片付けをして打ち上げの会場に場所を
移したのでした。
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村