42.どん底からの出発〜本当の自分編〜(その8)

昨日は真我開発講座を受けて
真我が開いて愛と感謝の気持ちで
愛媛に帰ったところまでお話しました。
月曜日の朝に夜行バスで愛媛に
到着しました。
私はその足で職場に向かいました。
心の中は晴れやかで雲一つない
状態で春の日差しのように
穏やかでした。
見える景色は全てバラ色で
何を見ても素晴らしくてありがたいと
しか思えませんでした。
職場に行くといつもと変わらない環境が
私を待っていました。
以前と変わらない死ねば良いと思っていた
同僚の女性が目の前には座っていました。
相変わらず彼女は私に不満と怒りと
文句を私にぶつけてきました。
私の心は穏やかで真我が開いていて
何を言われても波立つことはありません
でした。
何を言われてもありがたいとしか
その時は思えませんでした。
「自分はもう完全に変化した!
もう大丈夫だ!
こんな状態が一生続くんだ!」
と思いました。
しかし日にちが経つごとに
私は今の心を現実の言葉と行動に
表さなければ心が苦しくなると
いう現実に直面していくことに
なっていくのです。
しかし講座を受けた直後の愛と感謝で
いっぱいの私には
そんな状態になるなんてことは
知るよしもありませんでした。
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村