22.どん底からの出発〜苦悩の日々〜(その3)

昨日は私の目の前に現れている現象が
原因と結果の法則に由来しているところ
までお話しました。
私はどうしてもダンスの道が
あきらめられませんでした。
ヒロ先生とは別のダンススタジオを探し
通うことに決めました。
なぜそのスタジオを選んだかというと
ヒロ先生のところでは舞台で踊ることが
ほとんどでした。
しかしそこは何名かでチームを作り
クラブのショーで踊ったり
ダンスのバトルやコンテストに
参加するようなスタジオでした。
そしてレッスンが終わった後
チームのメンバーで
夜の商店街が閉まった夜中
ショーウインドウに
映る鏡でみんなで練習するような
ところでした。
まったく趣旨の違うここなら前の
スタジオの人に
ばれる事はないだろうと思いました。
そして、「ばれたらばれたで良い。
私はもうあそこ(ヒロ先生のスタジオ)
とは関係ない!」
と私はそのスタジオを選びました。
私はヒロ先生の所に通った自分の
過去の記憶に完全にフタを
してしまったのです。
新しいスタジオで
ダンスを踊る喜び、躍動感、高揚感
全てが私の魂の喜びを思い出させました。
ダンスを始めたときの
ワクワクドキドキする気持ち
表現する楽しさの
全てが蘇ってきて
「良かった!私は元の自分に戻った!」
と思いました。
心の平穏を取り戻したと思いました。
しかし、もう大丈夫と思った
私の心の平穏は長くは続きませんでした。
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村