16.どん底からの出発〜旅立ち編〜(その3)

昨日は祖父の一周忌に親戚のおじさんが
紹介してくれた人に会うことに
したというところまでお話しました。
じいちゃんに花嫁姿見せたかったな
という気持ちもありました。
ダンスを始めた頃はお付き合いして
いた方がいたのですが
ダンスにどんどんのめり込んでいった
私は恋愛に時間や気持ちをとられる
ことさえ疎ましくなり
彼氏ともうまくいかなくなり
別れてしまいました。
それ以来男性とお付き合いすることは
ありませんでした。
そんな私が会ってみたいと言ったの
ですから、私の両親は
大変驚いていました。
特に父親はまだ会ってもいないのに
相手が気にいらなかったらすぐ辞めて
いいんだからな
と私に言ってくれました。
その人に会う前日から当日にかけて
ものすごくお腹が痛くなって
「行きたくないな、怖いな
変な人だったら、神経質な人
だったらどうしよう?」
と考えていました。
そしてその人に会う当日に
じいちゃんのお墓参りをして
じいちゃんに向かって
「じいちゃん見守っていてね。
良い人でありますように。」
と墓前で祈りました。
そしてこの日運命の人に
出会うことになるとは
この時、私は知るよしも
ありませんでした。
(続く)
ブログランキングに参加しています。
下記の2つのバナーをポチっと押していただければ幸いです。

事務員ランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
にほんブログ村